FC2ブログ

【観光】いろいろ行ってきた(2019年5月~8月)

そろそろこの遅れ気味の記事を進めておきたい。

・5月2日
城崎マリンワールドに行く。
なんでも子供のころここに来たことあるらしいが、僕自身は全く覚えていなかった。
南に車を走らせ朝来市にこの日は泊まる。

翌日は竹田城跡へ。
山登りってきついね……。
しかも上っても大したことなかった印象。

次は生野銀山。
ここはなかなか面白かった印象。
鉱山とか鍾乳洞とかテンションが上がる。

6月2日、日帰りで淡路島へ。
 
鳴門海峡のうずしおを見に行く。
船の腕でうずしおを見た。
ちょっと元気なさそうだけど、まあまあうずしおしてたかなぁという印象。

港の近くにあった淡路人形座にもよる。
人形浄瑠璃を鑑賞。
たまにはこういうのもいいね。

続いてうずしお科学館に行く。
本物見る前に行った方がよかったのかな……。

次に産業文化センターに行く。
まあ普通の博物館といった印象。

最後は北淡歴史民俗資料館へ
よくある歴史博物館って感じだったけど、展示物が特色あったなか。
カメラとか。

・日時不明
大阪市立科学館に行く。
かなり大きな科学館だった。
いろいろと勉強になることも多かった。
プラネタリウムで寝てしまったのは残念だったけど。

・日時不明
大阪起業家ミュージアムに行く。
大阪にゆかりのある起業家に関するミュージアム。
パネル展示がほとんどだったけど、普段あまり見ない人たちの紹介は新鮮だった。
でもこの展示されてる企業、一部大失敗して今はもうなくなってる企業もあるよね?
ちょうどいいとこでお話切ってしまってるけど、その後の良くないところもきっちり書いておくべきでは?


・8月12日
かねてより計画していた富士山登山計画を実行に。
本当は7月に行きたかったのだが、天候の関係でお盆になってしまった。

僕ももういい年したおっさんと呼んでもいいぐらいの年頃。
これから体力は落ちていく一方。
ならこの体が衰えるその前に、富士山ぐらいは上っておきたい。

一日目は駒ヶ岳へ。
ここはロープウェイでかなり高いところまで登れる。
高山病の確認も兼ねて行ってみることにした。

まず連休ということもありとても混んでいた。
時間的にギリギリの日程となってしまうのだけど、今更帰るわけにもいかずロープウェイで上へ。

もちろんめっちゃ混んでて、帰りのロープウェイもものすごい待たないといけなかった。
僕は岩の上に座ったり、カレー食べたりジュース飲んだりひたすら時間を潰しながらロープウェイを待った。
そして案の定頭痛の気配があったため薬を飲む。

やっと戻れた時には夕方近くになってた。
ホテルまでの移動が億劫だ。

一日目はそのまま富士河口湖付近のホテルで宿泊。

二日目、ここからが本番。
朝早く起きて6:30のバスに乗る。
外国人が多いなぁ、と思いながら富士スバルライン五合目到着。

今回は吉田ルートで山頂を目指した。
悪いことだとは知りつつも日帰りの予定。

7時30頃、五合目到着。
いろいろ見て回りたいところもあったのだが、今回は真剣勝負の登山。
いつもの観光とは違うため、すぐに登山を開始した。

この時点での天候はやや雨。
雨合羽は用意していたためすぐ身に着ける。
なおこの合羽は再び五合目に降りるまえずっと身に着けていた。
ずっと雨がふってたけではないが脱ぐのがめんどくさかったため。

8時30分ごろ6合目到着。
平坦な道が多かったためそれほど苦痛には感じなかった。
日差しを感じたため適当に日焼け止めを塗っておく。
あの時……もっとちゃんと塗っておけば……。

しばらくして7合目到着。
この辺ですでに死にそうになっている。
ヤバイ……まじヤバイ。
ままだ七合目だぞ?
僕は本当に登れるのだろうか? と不安になった。

12時25分、8、5合目到着。
辛い、めっちゃ辛い。
しかしまだまだ先は長いため頑張る。

14時、頂上到着。
着いた。
辛い。
息苦しい、足が痛い、案の定高山病の症状がでる。
もともと頭痛になることが多い僕なので、ある程度予想できたことだけど。
愛用の薬を飲む。
一日三度の薬なのだけど、これで二回目。
一体この後どうしろと?

いろいろ見ておきたかったが体力も時間もかなり押しているため三十分後に下山開始。
くだりはなだらかな坂が延々と続いていた。
靴がちょっと請われそうになって焦る。
まあちょっとつま先部分がはがれそうになっただけで止まってよかったけど。

5時間後、5合目まで到着。
いろいろ見ておきたかったけど体調はかなり悪くバスの時間も限られているため、そのままバスで駅まで帰る。
途中のバスは死にそうなほど酔っていたが、駅前に降りたらすぐに治った。
どうやら高山病の症状が続いていたようだ。

その日は適当にご飯食べて近くのホテルで一泊。

翌日、激しい筋肉痛を抱えながら車で家に帰る。
新幹線にしとけばよかったと若干後悔。

そしてしばらくあと、日焼けが大変だった。
あんなに日焼けしたのは小学生以来ではなかろうか。
頭のてっぺんまで日焼けしてたのは、はげかけているせいなのだろうか?

いろいろ辛いこともあったが、よい思い出になったと思う。

スポンサーサイト




よろしければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019年2月~3月の観光


・2月9日
和歌山へ行く。
ガソリンやすいねおい。

稲むらの火の館へ。
防災系の博物館ということだが、ここは面白い。
勉強しながら歴史を学べるね。

くまの古道歴史民俗資料館へ。
よくある博物館といった感じ。

みかん資料館へ。
同じくよくある博物館といった感じ。
こっちはちょっと広めかな。

和歌山県立自然博物館へ。
博物館というより水族館に近いところあるよねこれ。
想像してたより生き物がいっぱいいていいと思った。

車で走ってたら西の方が気になったため、和歌山マリーナシティへ。
しかし駐車場が金とかいろいろ厳しいため、いろいろ考え黒潮市場にのみよることに。
なんか買って食べた……が、忘れた。
美味しかったけど忘れた。
また金のある時に行きたい……。

万葉館へ。
特記するところはないかな。
まあこんなもんでしょう。

和歌山市立博物館へ。
それなりの広さ。
まあまあの博物館といったところでしょうか。

以上であとは帰還。

・3月2日
利晶の杜に。
与謝野晶子と千利休の博物館。
人物特化の博物館はなかなか面白いね。
僕が言ったときには黄金の茶室が展示してあった。
これ秀吉趣味悪すぎでしょ……。

・3月23日
あべのハルカスに行ってみた。

ここ……記憶がある。
確か就活の時に寄ったことがあるぞ。
上の階で時間を潰してたはず。
あのころはここがあべのハルカスだなんて全く知らんかったな。

とりあえず途中の美術館を鑑賞。
そして最上階へ。
最上階まで行ったけど眺めるだけで特に何もしなかった。
金を払えばいろいろできるらしいけど、節約中のため控える。

・3月30日
小豆島へ一泊の旅行。
岡山、姫路、神戸の三通りの候補があったが、時間の関係で出発は姫路のフェリーに乗っていくことに。

福田に到着。
ここから半時計回りに島を見て回る予定に。

まずはバスに乗って大阪城残石記念館に。
よくある博物館といった感じでしょうか。
帰りはバスが長すぎて暇に。
このバス停近く以外何もなさそうなところ。
仕方なく近くをうろうろしてたが、本当に何もない……。

次はバスで反時計回りに移動し、土庄町あたりで降りる。
ここはすごい。
ダイソーもコンビニも家電量販店もドラッグストアもある。
正直離島でここまでそろってるとは思ってなかった。
この島隠岐の島より上なんじゃないだろうか。
ここなら住んでもいいかなぁと感心。

エンジェルロードとかいうところに行ってみる。
本当は恋人と行くところらしいけど、いないので一人で行った。
うん、まあ景色はいいけど特に何もないよね。

次は妖怪美術館に移動。
適当に眺めて終了。
バスに乗って東へ。

道の駅小豆島オリーブ公園前に到着。
時間が時間だったため、ご飯だけ食べて近くのホテルへ。
ここで一泊。
朝はすぐにバスで東に移動。

寒霞渓ロープウェイで山の上まで移動。
この時期でも涼しいね。
行って帰るだけだったけど、山の上に行けたのは良かった。
ゆっくりする時間がないハードスケジュール。
バスで戻った後は再び東に移動。

マルキン醤油記念館に移動。
醤油のソフトクリームを食べる。
どうみてもまずそうな組み合わせなのに美味しいから驚いた。

南に行って神戸へ帰るか、北に行って岡山・姫路に帰るか迷ったけどとりあえず北に向かう。
バスがないため歩いて北行きのバスがあるところまで。
そこから福田港に戻り、出発と同じ姫路港へ。

二階みなとミュージアムとかいうところがあったため鑑賞。
バスの時間との兼ね合いのためあまり時間がなかったが……。


よろしければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【観光】いろいろ行ってきた(2018年11月~1月)

11月29日
・大阪・兵庫
大阪に行く用事があったため、帰りにどこかに寄ろうと計画する。
最初は姫路科学館に行こうとした。
が、改装中でお休みという最悪のタイミング。
泣く泣くそこはあきらめ、太子町歴史博物館へ行く。
時間もぎりぎりだったのに、土器パズルに熱中しさらに時間をつぶしてしまう。
閉館アナウンスが流れたため、急いで見回ってそこで終了。
内容は普通の歴史系博物館といったところか。

なお帰りに知らないところで車が溝にはまり悲惨なことに。
JAFを呼んだ。
場所は分からなかったけどアプリで位置情報送信してくれたらしく、特に伝えなくても来てくれた。
その場はなんとなかったけど、後日修理が必要かもと言われた。
高速も使わない方がいいということだったので、修羅場。
帰るの12時過ぎちゃうんじゃね?
昼寝もしてないし朝早起きだったんだが……。
案の定広島入ったあたりで力尽きそうになる。
途中で休んだりしながらへとへとになり、やっと帰宅。
何度も何度も眠りそうになりながら運転。
危ないし苦しかった。
二度とこのようなことがないようにしたい。
と思い出す今日この頃。

12月14日
・堺市博物館
堺市博物館に行った。
金払ってVR見たがそれほどでもなかった。
まあ僕自宅にオキュラスもってるからな。
そのせいでそう感じてしまったのかもしれない。
展示は割と普通。
ただ堺がいろいろと歴史ある町だから、展示も興味深いところが多かった印象。
電車で来たため他に寄り道はせず用事を済ませて帰宅。

1月4日
・周防大島とその周辺へ。
周防大島へ行く。
最初になぎさ水族館へ。
小さい。

ついでにその隣の陸奥記念館へ。
戦地で壊されたわけではないのね。
遺留品とかいろいろと置いてあった。

西に戻って宮本常一記念館へ。
普通の歴史系博物館みたいな感じだね。

その隣の星野哲郎記念館にもいく。
演歌とか全く興味ないけど、知らないことを知る機会ができたので良かったかなぁと。

さらに西にいって久賀歴史民俗資料館へ。
事務所で話をしてからじゃないと入れないのはめんどい。
樽でっかい。
あとは普通の歴史系博物館って感じか。

さらに西に戻り日本ハワイ移民資料館へ。
ここは普通の歴史系博物館とは違って、ハワイ移民に特化してるから面白かった。

本土に戻って由宇歴史民俗資料館へ。
よくある海の近い歴史資料館といった感じ。
この値段なら十分だ。

途中潮風公園みなとオアシスゆうとかいうところにいく。
顕微鏡で微生物が見れるミクロ生物館とかいうところを見てきた。
あそこのためだけによるほどでもないとは思ったけど、まあ無料なのでいいか。

そしてこの帰りに激しい吐き気に見舞われ、近くのコンビニで一時間休憩。
前兆の頭痛はあったけど、薬がなくて飲めなかったんだよな。
苦しかった……。




よろしければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【観光】いろいろ行ってきた(2018年11月)

しばらく更新してなかったから書くことがたまっている。
まずはここ最近の旅行について記しておくこととしよう。
一番忘れそうだからね。

11月6日
音戸から倉橋島へ車で向かう。
以前レンタカーで来た時、休みだから寄れなかったところへ訪問。

・倉橋歴史民俗資料館
よくある資料館といった印象。
これといって思いではない。

・長門の造船歴史館。
船に特化した歴史館。
船が置いてあったりいろいろと楽しかった印象。
そして偶然にも小学生が見学に来てた。
ああいう集団に紛れて独りで見学してると、なんだかすごくむなしくなってくる。
悲しい。


11月14日
・井仁の棚田
きれいな警視らしいがシーズンオフの朝だったため特に何もなかった。
よく考えれば冬は収穫したあとか。
無駄骨。

・戦国の庭歴史館
よくある博物館といった印象。
適当に見て立ち去る。
近くの館跡や墓もちらっと見る。

・万徳院歴史公園
何もない。
軽く映像と現地を見て終了。
もちろん蒸し風呂には入ってない。

・涌永光之記念公営ん
無料で入れる庭園。
シーズンオフであるがある程度花が咲いてたり葉があったりする植物もあったため、満足。
いつかシーズン真っ盛りに来てみたい。

・足立高田市歴史民族資料館
この手の資料館としてありふれた印象。
先ほどの戦国の庭と被ってる部分もあり。

11月21日
大崎上島に向かう。
安芸津からフェリーで大西へ。
ほぼ無計画で着いたためちょっと困惑。
とりあえずここには何もないのでバス(といっても普通車にけがはえた程度だったけど)を使い東のフレスタ大崎上島店近くまで移動。
その後は北に向かって歩く。

・大崎上島町、海と島の歴史資料館
日本家屋と庭、隣には資料館併設。
よくある資料館だったけど、島の資料館は歴史も特殊だからそれなりに面白い。

その後は北に向かって歩き、港近くの観光案内所につく。
終始バスを使おうかとも悩んだが、ここで自転車を借りる(電動ではない)
島の沿岸を回って東側に移動。
途中の悠とかいう店で昼食を食べる。
何を食べたかは忘れた。

・大崎上島町 木江 ふれあい郷土資料館
坂の上にあるので自転車を押して到着。
船に特化した資料館であるという印象。
古そうな建物だったが、それなりに楽しめた。

その後は北側に向かい、358号線のトンネルを抜け白水港へ行く。
しんどい。
完全に山道。
そしてハチ注意という看板にビビる(いなかったけど)。

港から竹原へ移動後、駅まで向かう。
本来なら電車を使いたかったが、この時期は豪雨の影響でまだ線路が復旧しておらず、仕方なく代替バスを利用。
東の忠海駅まで移動。
ここから南の港へと向かい、大久野島へと向かう。

・大久野島
当初からの目的地。
しかし時間の関係でついたのが夕方近く。
帰りの船を考えても、滞在時間は2時間程度とやや物足りない印象。
しかも時間のため毒ガス資料館とかしまってるし。
ネットで言われてた通りホントウサギがいる。
いっぱいいた。
休暇村大久野島に行き、ソフトクリームを食べて時間をつぶす。
完全に夜になってたけど、日帰り予定でホテルの予約なんてしてないからね。
外国人の観光客がいた。
その後適当な時間につぶして港へ行き、船で本土へ。
本土からバスを使い、安芸津へ戻る。
近くのコインパーキングにとめた車を使い、家に帰宅。

11月だけでこれか。
怒涛の観光だったな。
続きは次の機会に書いておかなければ。

このブログを書き始めてそろそろ10周年になってしまう。
若い頃の思い出に浸りながら、いつかゆっくり最初から読んでいきたいかな。
なんて……まだまだおっさんのつもりはないんだけどな、僕。

よろしければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【観光】いろいろ行ってきた(2018年3月~2018年10月)


ゴールデンウイーク、日帰りの愛媛観光。
セルフうどん屋のたも屋でうどんを食べる。
四国にいくうちの近くにはないんだよね。

とべ動物園へ。
く……臭い。
やはりこの時期の動物園はこんなもんか。
内容としては悪くないと思ったけど。

日帰りなので他のところに寄るのは難しく、さっさと帰る。


盆休み、二泊三日の香川観光

初日は高速バスで高松市に到着。
就活以来、実に7年ぶりとなる訪問でしょうか。
近くのセルフうどんやで昼食をとる。
七年前もここでご飯食べてたよな。
あの時はスーツだった、懐かしい。

電車+バスで新屋島水族館にいく。
いろんな魚見れて満足。
ついでに近くの寺とか展望台にもいく。

次は高松市美術館(たぶん……)。
???????
うーん、高尚過ぎて僕にはついていけなかった。
その日は近くのホテルに泊まる。
うーん、いかがわしい建物が多いからこのホテル安かったのね・・・。

翌日は高松城跡を観光。
適当に白を見て回ったのち、県立ミュージアムを訪問。
うーん、見慣れた私立博物館といったところでしょうか。

次は電車で丸亀に移動。
丸亀城方面に移動し、まずは私立資料館を訪問。
ほどほどに視聴。
そして丸亀城へ。
坂が……急すぎる。
何なんだあの坂は。
とにかく坂だけはよく覚えてる。
ほんと急すぎて勘弁してくれって思った。
城自体はよくある感じだったと思う。

時間があったから駅近くにある猪熊弦一郎現代美術館にもいく。
綺麗な建物だった。
そして僕にはやはり高尚過ぎる芸術だった。

次はホテルのある坂出へ移動。
しかしホテルにつくにはあまりに早すぎたため、近くで時間を潰す。
坂出市郷土資料館を訪問。
うーんよくある歴史系博物館。
そして近くにある市民美術館へ。
また高尚な芸術……じゃない!
やっぱり綺麗な絵とかそういう分かりやすいものがいいですね。
僕は歴史や自然科学の勉強ばかりしてきたので、そっちの博物館はとても興味深く読んだり眺めたりすることができるのですが、芸術方面はあまり……。

そして近くのホテルへ。
7年前に泊まってたホテルを見に行くつもりだったんだけど、すっかり忘れてたのでした……。

三日目は特に何もなくそのまま帰る。
正直ここまで時間をとる必要もなかったかなと反省。

10月、一泊二日の隠岐旅行
これまで自動車保険の速度制限との兼ね合いで車を自重していたが、更新日が来たのでとうとう解禁。
なんだか転勤の気配もあるため、今比較的今の住処から行きやすいここをいっとこうということになった。
まずは船で七類港へ移動。
やはりそれなりに距離があり、遠い。
14年前に住んでた松江市を素通りし、そのままま港に着く。
高速船ではなく節約のため普通のフェリーで移動。

最初は西ノ島で降りる。
ツアー客に便乗して遊覧船に乗った。
楽しい。

次のフェリーまで時間があったので西ノ島ふるさと館に行く。
島ということもあり、ありがちな博物館と違って船やら野鳥やら漁具やら目新しいものが多かった印象。
満足。

その後フェリーで島後の西郷へ移動。
そのままホテルへ。
どうでもいいけどこのホテルちょっと遠かった。
言えば迎えに来てもらえたみたいだけど、行きは夜道を歩く。
トンネル超えて北の方へ。
ホテルは広くてきれいだった。
っていうかこの部屋、僕の住んでるアパートより良くない?
トイレも風呂も部屋の広さも、何もかも僕の部屋より上等なんだけど。
悲しい。

翌日は遊覧船とかバスに乗りたかったが、特に予約をしていなかったしツアー客もいなかったみたいで欠航になってた。
つまり自分で移動して目的地に向かわなければならない。
バスを使うかタクシーを使うかレンタカーを使うか。
コスパを考えここはレンタカーを選択。

レンタカーで隠岐モーモードームに行く。
奇跡のツアー客便乗が叶い闘牛を見ることができた。
牛ってでっかいね。

そのあとは北に向かって五箇創生館へ行く。
隠岐の博物館はホント面白いね。
もう少し長居したかったが、レンタカーの返却時間との兼ね合いにより適当に見て出る。
その後隣の隠岐郷土館。
ここも満足。

そのままレンタカーを返して西郷の港へ。
しかしフェリーの時間が合わず選択に迫られる。
高速船に乗れば早く帰れ、普通のフェリーなら遅くなるが安く済む。
ここは時間を考え高速船を選択。

高速船までの余った時間で、港の近くにある隠岐自然館を見に行く。
特色ある島ということで、この博物館もかなり興味深かった。
大学で生物・地学の勉強してたから、ある程度話が分かるのも楽しいよね。

その後高速船で本土に帰る。
高速船帰還で時間ができたので、七類港のメテオミュージアムへ。
隕石落ちたのだいぶ前みたいなので、全く記憶がない。
まあでもそれなりに面白かったか。

帰りは懐かしの松江によって、ご飯を食べる。
そしてちょっと昔エロゲ売ってたところ見に行こうかなって思って見に行ったら、エロゲコーナーがなかった。
二階にエロゲコーナーあったよねここ?
同人誌しかないし……。

これで14年前僕の知ってたエロゲ販売店がすべて絶滅した形に。
なんなんだろうこの喪失感。
今の島根大学の大学生はエロゲが変えなくて困ってるぞ!
……まあ、最近は通販でなんとかなるんでしょうけどね。
よろしければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

右凪(うなぎ)

Author:右凪(うなぎ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
その他
2039位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1834位
アクセスランキングを見る>>
FC2掲示板
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ